蜑阪∈
谺。縺ク

現存する貨幣でも、古銭買取で高値になる可能性

一般的に、現存して流通している貨幣は、古銭買取で買取してもらえないと思われる人がほとんどではないでしょうか。
硬貨の造幣は、毎年、数が違い希少価値を持つ貨幣もあるのです。
一般的に流通されている貨幣は、銀行などを通して回収され、最も新しい年代の貨幣を流通させていきます。
そのため、今後さらに古銭買取で価値が高まる可能性もあり、その年代を押さえておけば、古銭買取で今後、高く買い取ってもらえるかもしれません。
割と有名なのが、昭和33年に発行された10円玉のギザ10です。
製造枚数は、2500万枚ほど数が少なく、現在100円ほどで古銭買取において取引されているのです。
現在流通しているのが、2500万枚ではありません。
古い貨幣は、回収されて新しい貨幣が市場に流通するため、その数は限られた内容になるはずです。
私が幼少時代は、昭和33年の発行に限らず、ギザ10そのものを流通しとして見る姿も割と多くありました。
現在、ほとんど見られなくなり、昭和33年に限らず、ギザ10そのものが、古銭買取で買取してもらえる時代も訪れるかもしれません。
ギザ10は、10円玉の端がギザギザとなっているため、直ぐに確認しやすい内容でもあるでしょう。
平成25年度に発行された1円玉は、50万枚ほど、同じ平成25年の50円玉も50万枚ほどしか造幣されていないのです。
現在、50円玉に至っては、古銭買取において、1000円ほどで取引されています。
稀な内容に、造幣時のミスによって、エラーコインと呼ばれる正常な形の貨幣が市場に流通してしまう話もあるのです。
コレクターの中で人気が高く、例えば、50円玉の穴が開いていないエラーコインは、10万円以上での古銭買取による価格が付く場合もあります。
新しい年代ほど、造幣技術も高まっており、エラーコインが現れる可能性が低くなるでしょう。
そのため、製造年が新しいほど、古銭買取での買い取り価格が高くなるのです。
より希少な価値として、ありえない様な一点もののエラーコインは、予想もつかない値段になる可能性が十分あります。
現在、電子マネーの普及によって、直接、貨幣を触る姿も減っていますが、お宝が自宅に眠っている可能性もあり、古銭買取において驚く様な買取が待ち受けているかもしれません。

Page Top